ビットキャッスル(Bitcastle)の評判は?出金停止された?

ビットキャッスル(Bitcastle)は、カリブ海のセントビンセント・グレナディーンに拠点を置くビットキャッスルLLCが運営する仮想通貨取引所です。

サービス開始から間もない新興の取引所ながら、25万人以上のユーザーを獲得し、200カ国以上で利用されているとされています。

同取引所の最大の特徴は、バイナリーオプション取引におけるスピード。わずか5秒で取引が完了するという、世界最速クラスのスピードを誇っていました。

この手軽さは、投資の経験が浅い人や、すぐに結果が出ることを望むサイドトレーダーに受け入れられやすかったようです。

また、利用者の資産を外部リスクから隔離された「コールドウォレット」で保護する厳重なセキュリティ対策を講じていたほか、取引手数料を無料化するなどのメリットも打ち出していました。

「出金できません」などの悪評はあります

一方で、出金の信頼性については、インターネット上で「出金ができない」といった指摘が相次いでいます。

ボーナスを用いた取引で生じた利益の出金が制限されたり、介入業者(IB)契約が一方的に破棄されたりしているケースが報告されているのです。

さらに、ビットキャッスルが独自に発行した仮想通貨「キャッスル(CASTLE)」は、出金手数料の支払い以外に使い道がないと批判する声もあります。

出金できたと証言する利用者もいるものの、全体としては出金の遅延や障害が多発しているように見受けられます。

このようにビットキャッスルの出金に関するトラブルが頻発していることから、「詐欺に近い」と警戒する意見も出ています。

一方で、「家にいるだけで大金が稼げる」といった甘い誘い文句を用いて新規顧客を呼び込もうとする動きも見られます。

運営母体であるビットキャッスルLLCに関して

ビットキャッスルの運営母体であるビットキャッスルLLCについても、不透明な部分が多くあります。

同社の創業者は「せきねもん」と呼ばれる関根義光氏ですが、実業家であり仮想通貨トレーダーでもあるという経歴以外に、信頼できる情報はほとんどありません。

関根氏は自らの投資情報をSNSで発信し、22万人以上のフォロワーを持つなど一定の影響力はあるものの、その実態は不明です。

神奈川県出身で東京理科大学を中退後、現在はシンガポールに拠点を置き、年収約17億円、総資産約19億円と言われていますが、その真偽は定かではありません。

ビットキャッスルが取り扱う仮想通貨は、主要な銘柄を含む53種類以上に及びます。

ただし、一方で出金の問題があるため、実際に利用価値があるかは疑問視される状況です。

このように、ビットキャッスル自体の実態が不透明であり、出金の信頼性にも大きな疑問符がついていることから、詐欺の可能性があると見なされています。

特に最近では、スマートフォンを使った副業としてビットキャッスルが取り上げられるケースが増えていますが、その内容に偽りがあるのではないかと危惧される声が出ています。

オンラインの副業広告は一般的に「簡単に大金が手に入る」などと書かれがちですが、そのような甘い話には要注意です。

数百万円、あるいは数千万円もの金額があっさりと得られるはずがありません。それが現実的であれば、誰もが手を付けるはずです。

一部の広告では、シンガポールに所在する住所が明記されていたり、最終的に仮想通貨取引やFXに誘導されるケースがあります。

こうした手口は、実態の薄い取引所を宣伝するための術策と見られがちです。

特にビットキャッスルのように、上場した仮想通貨の価格が一時的に高騰するものの、すぐに下落して無価値になるようなパターンは、典型的な詐欺の手口です。一部の利益を得た人が

いるものの、大多数の人は被害に遭っている可能性が高いのです。

詐欺師が関与してるビットキャッスル?

実際、ビットキャッスルには、詐欺師と呼ばれる人々が関与しているという疑惑もあります。この手の小規模な取引所には、注意が必要不可欠だと言えます。

興味本位で飛びついてしまえば、取り返しのつかない被害に遭うリスクがあります。

まとめ

副業に興味を持つ自体は構いませんが、その信頼性については慎重に検討し、大手の取引所を利用するなど、安全性を優先すべきです。

未知の小規模取引所に手を出すくらいであれば、しっかりとした調査と情報収集を行い、リスクを理解した上で判断することが賢明です。

甘い言葉に惑わされてはいけません。一攫千金を夢見て身投げをすれば、取り返しのつかない痛手を被るだけです。

投資や副業といったマネーの話には、簡単にはならない難しさがあります。着実に知識を身に付け、経験を重ねていくことこそが、成功への確実な道しるべとなります。

ビットキャッスルのような怪しげな存在に手を出さず、堅実な選択をすることが何より大切なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました